プラモデル(自動車・単車)大好き!
クルマとオートバイバカによる、プラモデルのお話♪ 作品等、ネタ集めです。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変ご無沙汰でした(^^)

こんにちは!

大変ご無沙汰しておりました。

まぁ、仕事のシフトが増えて、記事を書く暇がなくなり
(クルマブログでていっぱいという言い訳・・ゲフンゲフン、有様でして・・・冷汗)、
久しぶりにこっちに顔を出しました。

実は何気に模型は勝手に増殖を繰り返しており、
最近もこんなものを入手しました。

まずは、地元の昔から行きつけのおもちゃ屋兼模型店・・
といううよりも、模型店メインのおもちゃ屋さんで、
絶版キットが並んでおりました。

で、以下の2点を買いました。


アオシマ1:24・ドリ天・31セフィーロ(D1グランプリシリーズ)


アオシマ・1:24・141クラウン・マジェスタ(VIPカーⅡ・19インチ・プロファイルシリーズ)

共に絶版になっている模型です。

アオシマのD1シリーズは今現在も少しの車種が製造されていますが、
この31セフィーロは、2004年~2005年頃に製造されていたもので、
同シリーズに、のむけんさんの、ユーラス・ブリッツ・R34スカイライン4ドアや、
販売後、日産のライセンスを取っておらず、すぐに回収になった、
ワンダー春山・セフィーロなどもありました。

実はこのワンダー・セフィーロ、ユーラス・スカイラインは、レース仕様ではなく、
今現在、Sパッケージ・ver.Rシリーズで再販されています。

このドリ天・セフィーロは、雑誌「ドリフト天国」の関係のものでしょうか?

一方、VIPカーシリーズは、アオシマの自動車模型の看板シリーズのひとつですが、
当初、VIPカーシリーズは、ローダウン、エアロ装着、アルミホイールなどを
アオシマがオリジナルで製造、組み合わせたスタイルでキット化されたので、
今のようにショップ系のカスタマイズではなかったと思います。

ホイールだけは現存するメーカーの物を採用していました。

その後出てきたのがVIPカーⅡシリーズで、
大きな違いは、ホイールにバリエーションが増えたのと、
マフラー等に、ショップ系のパーツが加わったのと、
ホイールが19インチ仕様の物に変更された事です。

このマジェスタは、マフラーにギャルソンのジェイル・トラッドシステムという、
オーバルタイプの左右2本出しマフラーが採用されました。


●ギャルソン・ジェイルトラッドシステム

で、同時に、今のスーパーVIPカーシリーズも展開を開始、
こちらは、完全にショップ系のカスタムカー、デモカーがキット化されていました。

この模型屋さんは、2割引きと、今も変わらず、量販店と同じレベルで
お安いのでうれしいです。

実はこの模型やさんには、先ほど書いた、D1シリーズの
ワンダー・セフィーロのD1仕様のレースカー、
フジミ模型が出していた、インチアップシリーズの日産180SXの初期型の模型もありました。

D1シリーズのワンダー・セフィーロは、確か日産からライセンスを取っておらず、
チキチキレーシングの日産車同様、即回収になったといわれるキットらしいですが・・

180SXのキットは今現在タミヤがスポット再販で初期型、
フジミが中期、後期型を模型化していますが、
フジミの初期型(89年型)は、当然絶版です。

フジミ模型の「峠シリーズ」のキットも、180SXは当初初期型でしたが、
途中で注記型に改修されたものに変更されていますね。

フジミ製の180SXがスタイリングが上手くまとまっていて好きです。


この後、探しものがあって、いつもと違う家電量販店に行きました。

ここにも模型コーナーがあって、そこそこおいています。

何気にウィンドゥショッピングを決め込む予定でしたが、
旧商品の店頭入れ替えなのか、処分価格で売られているキットを見て
即買いしてしまいました。


アオシマ・1:24・ジャンクション・プロデュース・161アリスト(スーパーVIPカーシリーズ)

なんと、価格改定前の2000円定価ものでしたが、なんと

840円!! \(◎o◎)/!でした。

これは買いでしょう(^^)

あと、すでに絶版になっている、このキットも買いました。


●アオシマ1:24・ゼロクラ・後期型・ロイヤルサルーン(ベストカーGTシリーズ)

ゼロクラのフル・ノーマルキットはすでに絶版になってしまっていて、
実は、ある理由でこのロイヤルサルーンの純正アルミが欲しかったのもあって、
買いました。

こちらも通常価格は2割引きなので、2個合わせても2520円と、お安く購入。

あとは、いつもお世話になっている、通販サイトで、

こちらのブツを購入しました。


●アオシマ1:24・330グロリアSP(もっとグラチャン・シリーズ)


●アオシマ1:24・330セドリック・ワークス仕様(ワークスの鷹シリーズ)



●アオシマ1:24・ゼロクラ・パトカー・鉄チンホイール・神奈川県警仕様
 (塗装済みパトカーシリーズ)


●アオシマ1:24・ゼロクラ・パトカー・鉄チンホイール・警視庁仕様
 (塗装済みパトカーシリーズ)


●アオシマ・パトカー用・警察名・字体デカール・西日本編

もっとグラチャンシリーズは今ではいろんなバリエーションが出ていますが、
今回のグロリアは、角目4灯式ライト、ワークス・オーバーフェンダー装着で、
欲しかったものです。

ワークスの鷹シリーズは、昔出ていたシリーズの再販もので、
ボックスアートも当時モノをそのまま再現しており、アオシマのトレードマークも
私が子供の頃からおなじみのマークになっています。

付属ホイールは、幅広スピードスター・マーク1ですが、なぜか4穴なのは、
気にしないってことで(笑)

実車は確か、5穴のホイールを履いているはずなんですが・・

パトカーシリーズは、今回、鉄チンホイール装着車が新たに加わりました。

今じゃ珍しくないパトカーのキットですが、意外と歴史は浅く、
本格的なパトカーのキットが出たのは、

1982年頃、今は無きLSと言うメーカーが、当時人気だった、
西部警察を意識して、「暴走Gメン」シリーズを展開したのが始まりだったかと思います。

それから間が空きますが、1999年、アオシマ、フジミが同時に展開しだしたのが、
パトカーキット化の本格的な始まりだった気がします。

その後、アオシマが塗装済みのパトカーキットを
塗装済みパトカーシリーズとしてスタート、
煩わしいボディーの塗り分けなどをあらかじめやってくれているので、
塗装の下手なオイラでもお手軽に作れるのが嬉しいですね。

価格はいい値段ですが手間を考えると妥当かと思います。

その後アオシマはR32GTR、R34GTRも実在パトカーを皮切りに、
スカイライン・ジャパン・前期、後期、フェアレディZ・バージョン・ニスモ、
ゼロクラを展開してきまして、今回は今はやりの?鉄チンホイール再現での
キット化になりました。

そして、この10月のホビーショーに向けて、アオシマさんは、
いっぱい力作をリリースしますが、

遂に待ちに待った、これの模型化を実現、私も早速予約しました(^^)




昇降型回転灯の、警邏仕様、無しの交機、高速隊用の2タイプが用意されており、
今回はホイールが実車の場合、警邏仕様がゼロクラ・ロイヤルの純正アルミと同じ、16インチアルミ、
交機が、200系クラウンの純正アルミ、17インチを装着しており、

模型もそれに合わせてホイールが分けられています。

では、詳しい事はまたの機会に・・・



こちらのキットは、3割引きで、まとめて買って送料分を抜いても十分
もとどりが出来るので、まとめて買う事が多いです。

以上!!(^^)
皆さん、御無沙汰しておりました。


ぐうたら管理人のコロです。


今回は、最近話題の、遂に地元署にも配属された、
トヨタのGRS200系クラウン・ロイヤルのパトカーの事を書いてみようと思います。

200系クラウンパトカーについて、ウィキペさんにリンクしてありますが、
詳細項目がなく、リンク先の「パトカー専用車両の詳細」の項目の下の方に
掲載されているので良かったらご覧ください。

先日、買い物先の近くにある交番でお休み中だったのを発見、写メをパチリしてきました。







先代同様、ベース車が市販車と同じになったおかげで、ゴージャス感がいっぱいです(^^)

しかも、ドアミラーにウィンカ―ランプも装備されています。

ウィキペさんによると、ベースグレードは、後期型・ロイヤルシリーズで、
廉価グレード「ロイヤルサルーン・スペシャルパッケージ」だそうです。

エンジンは警邏仕様で2500、交通仕様が3000で、
先代のゼロクラPCと同一エンジンを搭載していますが、

大きな特徴は、200系クラウンからアルミホイールが「標準装備になったこと、
白黒パンダ・パトは、ボディのトヨタのマーク以外、トランクリッドのクラウン・エンブレム、
グレードエンブレム、ボディサイドのCピラーにあったクラウンの王冠マークが
全て省略されていることだそうです。

これは、この200系クラウンが、「トヨタ・パトロールカー」と、正式な名称になった事を
意味するとの事です。

アルミホイールは警邏仕様が「16インチ、交通系が17インチで、
警邏仕様はゼロクラのものと同じ様です。

ミッションは先代とは違って、全車マニュアルモードミッション付き6足ATを装備しています
(先代は、警邏仕様が5速AT、交通仕様がマニュアルモード付6速AT)。

屋根の大型パトライトは、最近のインサイトなどに装着される新型の物が装着され、
点滅部がフラッシュになっています。

で、模型好きの私としては、これは当然、200系クラウンパトカーを作ろうと思い、
早速キットをごそごそ。

クラウンと言えば、アオシマが現行200系クラウンのキットを、
ロイヤル仕様、アスリート仕様を販売していまして、
手元に200系クラウンをベースにしたSP警護車仕様の模型があったので、これと、
先代のゼロクラPCのパトカーパーツ、さらに、以前、
購入していた、ゼロクラ・後期型ロイヤルサルーンのノーマル車のアルミホイールを流用したら
簡単に200系クラウンPCが出来上がる寸法です。



●200系クラウン・ロイヤル警護SP車

をベースに・・・


●180・ゼロクラPCのパトライト、昇降機格納パーツを流用、

さらに、ノーマルの、ゼロクラのアルミホイールの流用で、
簡単に200系クラウンPCの模型が出来上がり!!

・・・のはずでしたが、ここで、パトカーマニアならずとも、
クラウンフリークにも簡単にわかる初歩的な勘違いをしていました。

200系クラウンのパトカーは、後期型を使用ししています。

しかし、ベースに使う手持ちの200系クラウン・ロイヤルの警護車ですが、
パッケージをよく見ると・・・

フロントバンパーの形状が違う・・・

つまり、この警護車のキットは前期型なわけでして、
後期型ロイヤルとはフロントバンパーの形状、ラヂエーター・グリルカバーの形状も
前期、後期では微妙に違います。

当然、テールライトも違うわけで、
ゼロクラ同様、テールライトのウィンカ―位置が前期・後期では異なり、
後期型ではランプ最上段に移動しています。

つまり、手持ちのキットではパトカー再現は不可能と言うことです・・orz

え?だったら、200クラウンの後期型ロイヤルのノーマル仕様のキットを買えばいいって?

実は、その後期型のキット、ないんです(>_<)

正確に言えば一時出ていましたが、生産中止中で、アオシマのカタログからもなくなっています。


アオシマの不思議な製造方法でして、先代のゼロクラの時も同じことがありました。

ロイヤル、アスリートとも、実車登場に合わせて前期、後期仕様がそれぞれ出ましたが、
気が付くと、アスリートは後期型、ロイヤルが前期型が、しばらくして製造休止になって
そのまま絶版になり、アスリートが前期型、ロイヤルが後期型のキットがカタログモデルとして
最近まで製造されていました。

で、この200系クラウンも前期、後期のロイヤル、アスリートのキットがそれぞれ、
実車に合わせて製造されたものの、今度は逆に、後期ロイヤル、前期アスリートが
しばらくしてカタログ落ちしてしまい、今製造されているのは
前期ロイヤル、後期アスリートのキットのみになっています。

まぁ、アオシマのアフターパーツ係に、後期型のンパーツのみを請求したらいいんですが、
ただ、今回は、再生産される可能性も残っていると読んでいます。

アオシマはパトカーシリーズを積極的に展開しており、
この夏には、ゼロクラのパンダPCの、鉄チンホイール仕様がリリースされ、
オプションで、各都道府県警察のロゴも、販売されます。

というこは、いつか、この200系クラウン・パトカーも模型化される可能性があります。

ただ、後期型のパーツの金型が残っていれば、ですが・・

まぁ、出先の模型屋さんで200系クラウンのロイヤルの後期型のノーマル車のキットを
見つけたら、1個は買っておきます・・
久々に、増殖プラモを紹介(^^)
皆さん、大変お久しぶりですm(__)m


約1年近く放置プレイ状態でした、「キューブコロコロ」改め、コロです(^^)

リンク先の皆さんや、訪問させて頂いている皆さんの中には、
昨年発生しました、東日本大震災にて、被災、もしくは影響を受けられて
更新がストップされていた方々もおられたようですが、
更新の方も再開された方もおられ、私も一安心をしております。

で、その影響を受けていない私が完全に更新をサボっているのは
何とも言い訳しようがございません(汗)

最近、クルマブログに、鉄道に凝り始めて鉄道ネタまで
投下している日々でして、

模型ブログがおざなりになってしまいました。

模型はもうおしまいなの・・?

・・・・否!!

そんなことは御座いません!!

むしろ、なぜか増殖しております(爆)

流石に放置もするわけにもいかないので、生存確認も兼ねて、
更新と、ぼちぼち再開を考えています。

と、言っても、製作には全然至らず、うんちく、妄想、と言う偏ったネタが多くなりますが
よろしければお付き合いくださいませ(^^)

で、この1年に増えたキットたちを、一気に紹介したいと思います。

皆さん、ゲップが出るかも知れないですが、お付き合いくださいませm(__)m

では・・・


●普通の車編

アオシマ・インパル630Rフジミ1:24・トヨタ・プラッツ・パトカー・箱絵

アオシマの、ベストカーGTシリーズ、Y30セドリックの、カスタマイズ仕様、「インパル630R」、
フジミの、トヨタ・プラッツ・パトカーです。

インパル630Rは、1987年頃だったか、日産中古車販売が、中古車のY30セド、グロの
3000ターボ・ブロアム、3000ブロアムなど400台限定で、
インパルのエアロ、ステアリング・ホイール、タワーバー、アルミホイール等を装着した
コラボ企画で販売された特別仕様の中古車でした。

他にも、Y31シーマなども同様に、インパルのパーツを装備した中古車が日産中古車販売で
限定販売され、瞬く間に完売と言う大人気の企画車でしたが、
ベースの中古車が出てこなくなり、企画も終了した経緯があります。

フジミのプラッツは、実車も全国で大量に配備されたミニパトでしたが、
最近は、パッソなどが後継機として置き換えが進んでいます。


フジミ1:24・フェラーリ288GTO・箱絵グンゼ・フェラーリ308GTB・箱絵

フジミの、エンスージアスト・モデルシリーズの、フェラーリ・シリーズの288GTO、
グンゼの、フェラーリ308GTBのキットです。

フジミのエンスー、グンゼの308GTBは、ともにオクで安く購入しました。

フジミのエンスーは、エンジンや、足回りまで細かく精密に再現された、
1:24スケールの限界に挑んだキットですが、細かい部品をランナーから外すのに、
苦労した経験があります。

288GTOは、ラリーベース車の為、フロントグリルに、4灯のフォグライトを装着しています。

グンゼの308GTBは、昔出ていたキットのリメイクで、
パーツ構成も変わりないですが、この頃同時期に出ていた、
スカイラインRSターボ・Gr.5、通称:キャラミ仕様(現在、アオシマがリメイク製造中)と
同じく、説明書にディテールアップ・ガイドが掲載されていて、
腕に覚えのある方は、チャレンジした事と思います。

こちらは作りかけのジャンクキットです。

グンゼ・1:24・フィアット500箱絵グンゼ・1:24・VWワーゲン・箱絵

続いては、グンゼ産業のキャラクターキットで、
園田健一氏プロデュースの、ユーロ・ラバーズ・コレクション・シリーズの、
フィアット500、フォルクスワーゲン・ビートルのキットです。

こちらは、園田健一氏の設定した女性キャラのフィギュアのついたキットで、
車自体は、グンゼ産業が製造していたフィアット、ワーゲンを用いています。

この頃のグンゼ製のキットは、前輪がステアリングしないものが多かったです。

現在絶版ですが、オクで安く購入しました。


マルイ・ランボルギーニ・カウンタックLP-500青1マルイ・セリカLB78・Gr.5・箱絵

こちらは、今はモデルガンを中心に手掛ける、東京マルイの決定版と言われた
カウンタック、セリカLB・Gr.5仕様のキットです。

カウンタックも作りかけのジャンク品ですが、未塗装で、綺麗に作られていたようで、
それほど手も入っていないので、このまま継続製作予定です。
ホイールは後半に差し替えられた、5000等に装着されていたLP500S風の物ではなく
初期のオリジナル仕様です。

ガルウィング・ドアもですが、リトラクタブル・ヘッドライト可動、ヘッド、テールライト点灯、
ステアリングが前輪と連動するシステムも、マルイのお家芸でした。

スタイリングもその当時他社が作っていたものの中では文句なしにベストキットだったと思います。

一方、セリカは、スピード競技用設計で、RE-140モーター使用ですが、
もちろん、配線の組み換えでノーマル走行も可能だった記憶があります。

このシリーズは、1979年頃によく見かけたシリーズで、
先のカウンタックのキットが定価800円だったのに対し、100円安い700円、
しかも、最初からヘッドライト用の麦球も2本入っているという、
お買い得キットだったのが特徴でした。

セリカLB・ターボ、ランチャストラトス・ターボが、カラーリング・違いで2タイプずつ、
他にポルシェ935-77、78モデル、
フェラーリ365GT4・BB、308GTB(ともにデイトナ仕様)、
デ・トマソ・パンテーラGTS・ニュータイプもラインナップされていました。

このセリカは、1978年のGr.5仕様です。


LS・アコードEX・パッケージLS・1:20・スカイラインGT・ジャパンターボ・カスタム

このキットも現在絶版で、オクで入手したものですが、
初代ホンダ・アコード、スカイライン・200GTターボ・ジャパン・カスタム仕様です。

ホンダ・アコードは、1976年にホンダが製造した、3ドア・ハッチバック車で、
当時人気だった、ホンダ・シビックの1500・CVCCエンジンを1600ccに引き上げた
物を搭載していました。

この後4ドア車も追加され、1800ccモデルも登場してきたと思います。

このキットの車種は、以前も話しましたが、私が模型や車にはまるきっかけになった
オヤジの、クルマ好きの弟さんが新車で買った、アコードそのもので、カラーも同じ、
当時はまだ珍しかった、リア・ワイパーも装備したクルマでした。

その隣、ジャパン・ターボのカスタムは、後に金華山シリーズで再販されたキットですが、
このジャパン・カスタムのキットは、1981年頃、私が当時、喉から手が出るほど欲しかった
キットの一つでした。

当時、後期ジャパンのヘッドライトを、角目4灯にカスタマイズするのが流行していて、
ブラックボディに、ゴールド・ストライプに、角目4灯ライトが萌えでした。

ホイールはメッシュタイプが付属していましたので、純正のフィンタイプは無かったんですが、
ノーマル仕上げでも十分カッコ良かったのを覚えています。

同時期に、910ブルーバードの、カスタム仕様も販売されていました。

こちらも、オクでお買い得で購入しました。


アオシマ・R34スカイラインGTR・ニスモZチューン・箱絵アオシマ・202クラウン・SP

こちらは、今も製造中の、アオシマのキットで、
S・パッケージ・Ver.Rの、R34GTR・ニスモ・Z-TUNE、
ベストカーGTの、GRS202・クラウン・ロイヤル・警護車仕様です。

GTRの方は、大阪市内の日本橋のスーパー・〇ッズランドで、処分価格の1000円で購入。
隣の200系クラウンは、SP仕様で、覆面型パトライト、TA型アンテナを装備しています。

このクラウンは2個買いしまして、アンテナは、いずれ?製作予定の、
ゼロクラの覆面パト仕様に流用予定です。

で、もう1個は、ゼロクラPCのパーツを用いて、
最近、実車投入でわだいになっている、200系クラウン・ロイヤルの
パトカー仕様に仕上げようと思っています。

200系クラウン・パトは、ゼロクラのように、ホイールが特殊ではない、
純正アルミホイール仕様なんで、無改造で製作が出来ると思います。



●で、痛車編です。

アオシマ痛車・不夜城レッド・31セルシオ後期型・箱絵アオシマ痛車・カノン・スープラ・ヴェイルサイド

オクと、通販でお安く入手した、東方痛車の、不夜城レッド・31セルシオ・後期型、
アオシマの痛車、カノン・80スープラ・ヴェイルサイド・コンバット仕様です。

不夜城の方は、同じアオシマの、VIPカーの、ファブレス・31セルシオ・後期型がお気に入りなんで、
それをベースに、痛車にしたいと思います。

スープラの方は、キットのみを使用の為、デカールは流用でしょうか・・?
ヴェイルサイドのマシンは、R32GTRなどもですが、かなり大胆なデザインが迫力ですね。


フジミ・キャラでか・けいおん!・アンティークガレージ2アオシマ痛車・すーぱーそに子ランエボ10

こちらは、フジミの、「きゃらdeCAR~る」シリーズの、
けいおん!アンチーク・ガレージキット、
アオシマの、スーパーそに子・ランエボⅩ・C-WEST仕様です。

けいおん!の方は、通販サイトで、半額特価で売っていたのを購入。
今ではいい値段に吊り上げ・・ケフン、ゲフン、価格改定されている
ツールセット、ガレージキットなどがセットになり、デカールも付くという
オイシイキットですので、迷わず購入。

1回の買い物で1個しか買えませんでしたが、送料込でも十分安いので
2度買いしました。

アオシマの、すーぱーそに子・ランエボⅩの方は、キャラクターが良かったのと、
ランサーでも、チューンド・カーなので、
それ個体で製作してもいいかな?ってことで購入しました。

キャラクターデカールは使いまわしの予定(^^)


アオシマ痛車・カーニバルファンタズム・86レビン後期・箱絵アオシマ痛車・僕は友達が少ない・スバル・インプレッサWRX・sti・07モデル箱絵

で、アオシマ痛車シリーズの続き。

カーニバル・ファンタズムの、86レビン後期型と、
大人気アニメ「僕は友達が少ない」・インプレッサ・WRX-Sti・5ドア07モデルのキットです。

これも、キャラクターが良いのと、車種も好きなんで、思い切って買いました。

結局デカールは流用予定です。

ここにはまだまだ載せていない物もありますが、
痛車で、えっちぃのはキライです、でおなじみ、「もっと ToLOVEる」ハリアーもあります。

デカール流用、キットは・・・・・?

また、ぼちぼち紹介したいと思います。

おかげで妄想にはネタに不自由しませんが、作らないといけませんね・・・(>_<)

というわけで、しばらく不定期更新ですが、宜しくお願い致しますm(__)m


Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。