プラモデル(自動車・単車)大好き!
クルマとオートバイバカによる、プラモデルのお話♪ 作品等、ネタ集めです。
≪03月   2011年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変ご無沙汰しておりました

皆さん、お久しぶりです。

まず、この度の東日本大震災により、このfc2ブログのお仲間さんをはじめ、
fc2ブロガーの皆様、関係者の方々で、被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。

東日本大震災につきましては、改めてその被害のとてつもない規模に
言葉がないのが正直な感想で、安易に何も言えないのですが、
改めてこの震災によってお亡くなりになった方々の御冥福をお祈りしますとともに、
被災なされた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。

私もまず自分ができることを考えて微力ながら応援させていただきいたいと思います。

一方、かくいう私も、この2週間前後はいろいろありまして、
18日から昨日の28日まで、急ではありましたが、入院しておりました。

大変長くなりますが、事の次第は次の通りです。


私は花粉症持ちでして、毎年3月に入るころになると、眼の痒みや、
鼻詰まりなどに悩まされるのが恒例なんですが、今年も例にもれず、
眼のかゆみが先に襲ってきました(>_<)

どうしても眼を擦っちゃうんですよねぇ~、いけないんですが。
眼をつぶって、ゴシゴシしてしまうんですが、
その時に眼の表面にある、角膜の表面に少し傷が入ったみたいです。

私は以前、両目を手術していて、病気の都合上、どうしても、
普通の人よりも目の表面が乾燥しやすく、角膜に傷が入りやすいようで、
たまに、そんなことがあって、病院で目薬をもらって治していました。

左目が少しヒリヒリ・・・あ、また、いつもの感じだなぁ、
病院に行かなくちゃ、と思っていました。

私の眼科の主治医は、月、水、金が外来診察日なんで、
16日に行こうと思っていたら、15日の昼以降、急に痛みがひどくなって、
眼が開けられない感じになりました。
視界もぼやけて見えませんし、まぁ、角膜の表面に傷があれば視界はぼやけるんですが、
ヒリヒリ痛みと、涙が止まりませんし、目ヤニもありまして。

以前もこんなことがあって、角膜の表面に擦り傷があって、
目薬で治したので、おんなじ感じかなぁ~?と思っていました。

で、今月の16日、定期受診ではないですが、病院に行きました。

受付で受診理由を聞かれていたので、診察前に、
以前私の目の手術を執刀した執刀医が、結膜炎や、
ものわらいものもらいなどの感染症を起こしていたらいけないので、
予診をしてくれました。

すると・・・

「・・・・ん? これは、傷がひどいなぁ、結膜炎とかじゃないなぁ、
 先生(主治医)に診てもらって~」

と言っていました。

で、主治医の診察で、経過を伝えて、診察してもらったら・・

「コロさん、前と違って重症ですよ、これ・・」とのこと。

実は、角膜の表面の傷がたまたま何らかの原因で細菌感染を起こして
潰瘍になっているとのことでした(ヒョエェー)

私は仕事もあったので、なんとか、通院で、治らないか相談すると、
ほかの医師の診断も仰ぐことになりました。

現在の主治医は1年前、私が以前診てくれていた主治医が退職して
後継医になった主治医でして、ほかの眼科医はみな以前手術した時からいた
ベテラン医師で、私の眼のことも知っている医師もいます。

で、違う医師が診察した結果、すぐに入院したほうがいいという事に\(◎o◎)/!

実は、潰瘍ができて、まずい事に、細菌が感染して
膿が眼の中に入ってしまっていて、
直ぐに点滴や、目薬を集中点眼して膿を引かさないと、大変なことになるという事でした。

外来でやるには無理があり、しかも週末は3連休で休診日。
その間は外来での点滴ができないため、そのためには入院した方が
毎日点滴もできて、治療もしやすいということもあり、
何かあった時はすぐに対処できるという事もあったようです。

で、大変なことというのは、実はその眼の中の膿が、
眼の奥の網膜というところに、万が一ついてしまった場合、
膿が網膜を溶かしてしまって、失明、しかも、膿が眼の奥を通って
脳にまで行く可能性があって、最悪の場合は感染予防のため、
左眼の摘出・・・つまり、眼を抜いてしまう可能性もあるという事でした。

この時点で幸いなことに、膿は網膜にまで入っていなかったのですが、
とにかく急を要しているのは変わりなく、
ありとあらゆる抗生物質を点滴なり、点眼なりして、
膿をひかせて、傷を治すという事でした。

健康な人ならこんなに急にひどくはならず、治りやすいそうですが
私の場合は、糖尿病があるので、抵抗力が少なくて悪化しやすいようです。

すぐに眼の感染細菌をしらべるために、眼の表面の生検をして、
すぐに点滴を開始しました。

と言っても、この時点では感染菌が解っていないので、
点滴も抗生物質も、効果があると思われるものが使用されたようです。

点滴後に途中経過ですが、細菌は特に特殊なものではなく
ごく普通に身近にいるものであることが解りました。

一方、入院も急なので、病室が空いていなくて、18日に何とか部屋が空く予定だったので、
そこを押さえ、帰宅時に入院の申し込みをしました。

17日も点滴と診察で経過観察でした。

で、バイト先にも事情を説明して、18日に入院しました。

幸い、16日に開始した点滴と、抗生物質の点眼薬が見事に効果を発揮して、
すこしずつ膿と傷が引き始めました。

その後、一番危惧されていた、網膜への感染もなく、
最悪の事態も回避することが出来ました。

28日に退院しましたが、今回、糖尿病があると、普通ならまず起こらないことに、
改めて自分の体の調子や、病気の事を考えさせられることになりました。

今回の細菌感染も、糖尿病のために元々抵抗力が落ちているところに
たまたま疲労も重なって起きたようです。

普通の人ならまず起きにくい出来事ですが、
私には結構いとも簡単になってしまうもんなんだなぁ、とおもいました。

また、深夜勤務に入っている都合上、
バイト先の店長さんやみんなには、ホントに助けられました。

感謝ですねぇ~(^^)


今日は特にこれと言ってないので、

82年ころに出ていた、ニチモの1:24「ノンサス・ハの字チューニング」の
日産スカイライン2000GTR・ケンメリのホットロッド仕様をどうぞ。

このキットは、フロントのサスダウンする手法として、
フロントセクションを、シャシーと接合するときに、
シャシーとユニットの間にプレートを挟んでサスダウンをする方式になっています。

nitimogtr6.jpgnitimogtr4.jpg
nitimogtr3.jpg

うぅ~ん、元々このキットは、1970年代前半に作られたキットが元なんで、
走行重視、接着剤不要のスナップモデルになっているので、ボディスタイルや、
フロントのタイヤハウスのアーチがかなりイビツです・・・(^_^;)

スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。