プラモデル(自動車・単車)大好き!
クルマとオートバイバカによる、プラモデルのお話♪ 作品等、ネタ集めです。
≪08月   2010年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、痛車ブームに乗って、模型でも「痛車」が人気を、博しています。

現在、アオシマ文化教材社さんと、フジミ模型さんが、
それぞれ、痛車キット、パーツ、キャラクターデカールなどの展開をしていて、
毎月1個は新作が出るという展開になっています。

特にアオシマ痛車シリーズは、かなり人気がありますね(^^)

元々製造されているキットに、キャラクターデカールを追加するだけの事で、
それほど手間もかからない分、模型メーカーにはオイシィ、ジャンルなのかもしれません。

いろいろ見ていますと、やはり採用するアニメなどによって、人気も分散しているようで、
アニメや、キャラクターには疎い私なんで、詳しい方には解るのかもしれませんが、

痛車キットで人気を博しているのが、

アニメ「魔法少女・リリカルなのは」、「けいおん!」をキャラクターデザインに
採用している痛車みたいですね。

現在、アオシマ痛車シリーズで展開しているキットで、


「リリカルなのは・strikerS・100チェイサー・2500ツアラーV」、
「リリカルなのは・フェイト・T・ハラオウン・FD・RX-7・RE雨宮feat・ART・FACTORY」、
「けいおん!ランエボⅩ」、
「けいおん!ランエボⅩ・Ver.2」
が、挙がると思います。

アオシマ・痛車・ストライカーS・雨宮FD・RX-7箱絵
アオシマ・「リリカルなのは・フェイト・T・ハラオウン・FD・RX-7・RE雨宮」です。

更に、通販でおなじみ、宮沢模型流通限定キットで、アオシマのスポット生産、「痛車SP」で、
けいおん!ランエボⅩ・Ver.2」のキャラクターデザインを一部変更した、
けいおん!ランエボⅩ・Ver.2・宮沢模型流通限定」が、あり、
「リリカルなのは・100チェイサー」以外は、どれも、限定や、
アオシマのレギュラーナンバーであっても、もともとの生産数が少なくて、
現在はすでに生産休止か、終了していて、キャラクター模型、模型専門量販店でも
置いていないものばかりで、けいおん!に至っては、ネット・オークションでも5000円前後で
取引されているようです。

「リリカルなのは・100チェイサー」も、再販されるとすぐに売り切れるようで、
人気ぶりが素人目に解ります。

9月には、新作で「リリカルなのは・THE MOVIE 1st.高町 なのは・ランエボⅩ」
リリースされるようでして、人気が予想されます。

また、アオシマの「痛車SP」で、
アニメ「らき☆すた」をモチーフにした、ダンプカー、
「らき☆すた・痛ダンプ」のキットも限定で生産されて人気がありました。

アオシマの痛車シリーズは、他のシリーズもそこそこ人気はあるんですが、
中には哀しい事に、見事にスベった、いわゆる、

「やっちまったなぁ!」キットもあります。

まず、その1個は、「痛車SP」でスポット生産された、
「けいおん!痛トラック」と言うキットです。

itatora1.jpg
●アオシマ「1:32痛トラック・けいおん!・ツアートラック」のキットです。

「けいおん!」を採用した記念すべき第1号キットで、2009年9月にスポット生産されました。
ここまでは良く、大人気のうちに完売になったのですが、実は、
コンテナ部分の骨組のパーツで、前と後ろの骨の高さが違うという不良が見つかり、

急遽全品回収、、販売済みのキットを着払いで回収し、10月に改修版を生産して、購入者に
無料発送するという事態が起きたために、スポット生産のはずが、
結局採算を取り戻すために、大量生産になってしまい、
今では、模型店や、通販でも安く売られるなど、「けいおん!」のキットとしては
異例の売れ残り?\(◎o◎)/!状態になっています。

で、もう1個は、同じく通販限定キットで、アオシマ「痛車SP」、
通販の「イリサワ流通」限定キットとして、今年6月に発売された、画像の
「龍が如く・UCF31セルシオ後期型・ファブレス仕様」の、「痛VIP」です。

龍が如く

もう皆さんご存知、PS3のゲームでお馴染の「龍が如く・4」をモチーフにした、
痛車初の、「漢(おとこ)・痛車」と銘打って、ベースにVIP仕様の、
ファブレス・31セルシオ後期を用いたキットです。

・・・が、やっぱりと言うか、案の定売れ行きは今一つのようでして、
この間は、大阪市内にある、キャラクター品専門店で、通販限定のはずが、
普通に店頭で特価で売られているという光景を目の当たりにしました。

ベース車両は全然イケてるのに、キャラクター負けと言う事態が起きたようです・・・(>_<)

まぁ、とにもかくも、不景気な世の中、そんな中、元気な「アニメ」、「ゲーム」市場、
それにあやかって「ホビー」市場が盛り上がっているのは、
まんざら、悪い事ではないですよね(^^)
スポンサーサイト
フジミ・180S後期型・復活!
みなさん、こんばんは!

お仲間さんの間では、10月のホビーショーの新作の話題で
盛り上がりが凄いですが、その中でも、全くの新規ではないですが、
皆さんが待ち焦がれた、あのクルマが、戻って来るようですね(^^)

そう、フジミの日産180SX後期型・96年仕様です。

フジミ180SX後期

何でも、金型を新規で起こして・・ってニュアンスがあるようですので、
どんなキットになるんでしょうか?楽しみです・・・(^^)

ただ、イラストを見て1つ、気になったのが、ホイールが後期仕様の純正ではないんですよね。
まぁ、峠シリーズの、日産純正・後期シルエイティのホイールを、流用したらいいだけの話です (^^)p!

で、下の画像は、インチアップ・シリーズと、峠シリーズで展開している
180SXですが、前期型と書いていますが、

180sxzenki.jpg

実際は、中期型、と言いますか、前期仕様ではないんですよね^_^;

バンパー形状が初期型と違います。あと、ホイールも純正の物ではありません。

このモデルの純正アルミは、31セフィーロや、33ローレル後期、
S13シルビア後期、R32スカイラインの後期型の一部が装着していた物と同じです。

c33.jpg

上の画像は、アオシマのC33ローレルですが、このデザインのホイールになります。
もしも、フルノーマル・中期180SXを再現するとしたら、
アオシマのこのローレルや、31セフィーロ・アテーサ・クルージングの純正仕様を
流用することで再現できると思います。

・・・で、今思ったんですが、前期型と思いっきり表記していますが、
180SXの前期型は、↓になるんですよねぇ~・・・

フジミ180SX初期

画像は、今から20年前位に、実車の180SXが出た時に、
フジミのインチアップシリーズに登場した、
180SXのキットのパッケージのコピーになります。

R32GTR、Z32がインチアップシリーズに登場した時も、
パッケージは実車の写真を載せるという、新しいスタイルになったときの物です。

現在の180SX・前期型と言われて、製造されているモデルとは、
フロントバンパー、グリル部分が違いますね。

と言う事は、この初期型180SXのキットは、フジミお得意の、ボディ改修により、
もう出ない、という事になると思います。

話がそれましたが、今度出る180SX後期型のキットは
実際どんな姿になって、私たちの前に現れるのか、非常に楽しみです(^^)
こんなの、出て来ました(^^)

皆さん、こんばんは!

やっと、気候も涼しくなってきました(^^)

大阪も今日の気温はムシムシしながらも、30℃を下回り、
実に48日ぶりに、真夏日から解放されました!

しかも今、雨が降っていて、気温も25℃を下回っていて、
熱帯夜からも解放され、夜のクーラーもお休みです(^^)

さて、積みプラを整理していたら、こんなの出て来ました♪


フジミ・マツダRX-8・パトカー・箱絵フジミ・マツダRX-8・パトカー・中身
フジミの、マツダRX-8・パトカー・警視庁仕様と、

ハセガワ・ギャランVR-4・箱絵ハセガワ・ギャランVR-4・中身
ハセガワの、三菱ギャラン・VR-4前期型のキットです。

RX-8のキットは、以前、某オークションで安くGETした物です。

ハセガワのキットは、近所の量販店に、最近の再販品を注文しておいた物です。
ポイントが滅茶苦茶貯まっていたので、ポイントで購入しました。

ギャランは、87年にフルモデルチェンジした時の物で、主にラリーで活躍したクルマですが、
意外な所、覆面パトカーとして活躍していました。

主に捜査用覆面車として、1800cccのグレードが、全国の警察に投入されていましたが、
ホット・グレードである、2000VR-4は、大阪府警本部・交通課・暴走族対策室に所属していた
交機の覆面パトカーとしても有名でした。
映像は残っていないのですが、記憶をたどると、グリルデザインから、前期型だったと思います。

確か、大阪府警しかVR-4は使っていなかった気がします。

よく、警視庁潜入24時などで、大阪府警の暴走族取り締まりのシーンで映っていましたし、
実際この頃、私の地元近くの国道、府道が、取り締まりシーンでよく映っていた事がありました。

余談ですが、93年に、このモデルの後にフルモデルチェンジを受けた、
ギャランでも、大阪府警はVR-4を交機パトとして採用しています。
その次にモデルチェンジを受けたギャランが、
初代ディアマンテのシャシー回りを使った兄弟車で、
セダン版と言う形でデビューし、警邏パトカーとして全国で活躍していました。

話がそれましたが、外観のみなら、このハセガワのギャラン・VR-4を殆んど無改造で使用できます。
赤色点滅灯はグリル内蔵でした。

そういえば、ここ最近、前述のインプ後期・WRXといい、ゼロクラ・アスリートといい、
覆面車でもいろいろバリエーションが出来そうですね。

溜めるんじゃなくて、作らなきゃ! \(◎o◎)/!



Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。