プラモデル(自動車・単車)大好き!
クルマとオートバイバカによる、プラモデルのお話♪ 作品等、ネタ集めです。
≪07月   2010年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝ていたら・・・?!

昨日、寝ていた時の事。


何か頭や顔の上にガラガラ・・


何だ?! 

スライムの逆襲か?!\(◎o◎)/!



・・何が起きたのか理解できず、しばし茫然としていたら、
  周囲に箱の様なものが散乱していました。

で、ようやく状況が飲み込めました。

原因はコレですた。

積んどくホビー1

積んどくホビーが崩れてきたんでした(>_<)

このキットの下の台は、お気に入りのパチンコ台。
中古で2000円で買ってきたものですが、
それを台にして↑にキットを積んでいたのですけど、
そのそばに折りたたみ式ベッドを置いてねていまして、
多分腕を伸ばしたときにパチンコ台の盤面に当たって、台が揺れて、
積んでいたキットが、雪崩を起こしたという寸法です。

部屋の押し入れがいっぱいなので、入りきれないキットは置き場所を選んで
積んでいまして・・・

積んどくホビー2積んどくホビー4積んどくホビー3

積んどくホビー5積んどくホビー7

出してみたらこれだけありました(アチャー!(>_<))

知らない間にこんなに溜まっていました。

まぁ、昔からあるものもありますし、処分特価品を買いあさってきたものもありますので
値段的にはそれほどいっていないんですが・・・

何気にキットを眺めてニヤついている場合ではないですね(ーー;)

まぁ、ここにこんな状態で置いておくわけにはいかないので、
袋などに入れて、新聞かプチプチで包装して、外の納屋へ移動します・・・

このビョーキは、治りそうにないですね・・・(-_-;)

スポンサーサイト
皆さん、こんにちは!

猛暑続きで体力が奪われる日が続きますが、
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

さて、昨日、行きつけの量販店に予約していたブツが入荷したというので
引き取りに行ってきました。

そのブツは・・・

アオシマ・もっとグラチャンSP・日産130ローレル・箱絵

アオシマ・もっとグラチャン・シリーズのスポット版、

日産・130ローレル・スペシャルです。
詳しい事は御存知の方も多いと思いますし、また今度書きますが、
基本的な内容は、既にリリースされている、同シリーズの130ローレルと同じです。
それにワークスフェンダーが装着された仕様です。

・・・で、ボディはといいますと・・・・

アオシマ・もっとグラチャンSP・日産130ローレル・ボディ

タイヤハウスのフェンダーアーチが、ノーマルのまんまでした。
まぁ、こっちが製作時に切削するのですが、こっちには好都合でした。

ワークス仕様もいいですが、ノーマルフェンダーも渋いですので、
このまま組み上げるのみアリかな?って思っています。

同時に発売された同シリーズの「ケンメリ・スカイライン・2ドア・スペシャル」も、
基本的にワークスフェンダー追加ですが、ケンメリは過去にGTRレーシング仕様などで
ワークス仕様対応の、フェンダーカットされたボディがあるので
もしかしたらボディも、ワークス対応になっているのかもしれません。

で、このとき、処分価格で売られていたキットがあり、目にとまったので購入。

それは・・・

アオシマ・FDRX-7・GT-C・箱絵

アオシマの、「Sパッケージ・Ver.R」シリーズの、
マツダ・RX-7・マツダスピード・GTコンセプトです。

通常売価なら買う気は無かったのですが、800円で買えたので購入しました。

こちらは、痛車のベースキットにする予定で、今のところ、同じFDをベースにしている
フジミの「マギウステール・アリシア・インファーノ・RX-7」仕様にしようかと思います。

同じFDですし、デカールもさほど加工しなくても流用できそうなので・・・

で、またしても、積んどくホビーが増加する結果になりました・・・

はやく作れよ!オレ!!(ーー;)

そういえば、フジミから、久々に「きゃらdeCAR~る」シリーズで、
ランエボⅢベースの「夜明けな・エステル・フリージア」仕様が出るみたいですね♪

えぇ~、プラモデルのブログのくせに、ウンチクばかりで、
作品がないという状況に心がさいなまれまして、今回、過去の駄作?をアップしてみました。

一応ド下手なりに作っていますという事で^_^;

今回は、アオシマの1:24スケール・西部警察の「スーパーZ」です。

スーパーZ9スーパーZ4

スーパーZ7スーパーZ6

スーパーZ13スーパーz11


いつ作ったものか解りませんが、多分この西部警察のキットが、石原プロワールド開館記念で
再販された頃だと思うので、もう10年位前の物でしょうか?

殆んど素組みです。

ボディは下処理なしですが、タミヤのミニ4駆のスプレーで、
今度色を調べますが、普通のゴールドではなく、
少しオレンジかかったゴールドで、大変綺麗な色でしたし、
金色が綺麗についたので、その色で2回スプレー塗装、
次にブラックで2トーンにスプレーして、塗り分けをしています。

内装はかなり手抜きしています(笑)。

ホイールはスポークをゴールドで塗らないといけないのに、
そのまんましルーバーメッキ状態(オイ、オイ)。

ボディは、デカール貼り、ガルウィングパーツを組みつけた後で、水性トップコート、
タミヤ・モデリングワックスがけをしています。

解り難いですが、パトライトは、キット付属の物は上から見ると完全にオーバル形なので、
ジャンクで取っていた。LSのパトカーキットの覆面車用赤色灯を装着しています。

ガルウィングはキット状態では完全に開いた状態にならないので
少し無理をして、実車同様の開閉状態を再現しました。

それと言って何もないのですが、当時はそれで自己満足していました(汗)

本当は、実際のスーパーZは、リアガダウン気味なのがカッコいいので
それを再現したかったのですが、シャシーを少しボディの中に入れてはめると、
ガルウィングを支えるステーが飛んでしまうので、このまま、説明書通りにはめています。

お仲間の皆さんの様に、綺麗に作れるには後どれくらいかかる事やら・・・?
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。