プラモデル(自動車・単車)大好き!
クルマとオートバイバカによる、プラモデルのお話♪ 作品等、ネタ集めです。
≪03月   2009年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛車計画。
え~、今回は最近手を伸ばそうと思っている「痛車」の製作妄想です(笑)

最近話題の「痛車」ですが、私も最近興味を持ち初めまして、
プラモなら手軽に好みの車も作れるし、って事であれこれ考えてる今日この頃。

別に立ち上げてるクルマのブログでは、ブログ仲間の方で
実車の痛車に乗ってる方も多いです。

で、私自身、お気に入りのキャラクターはあるんですが、これはまたおいおい書くとして、
今手元にある痛車キットが、以下のキットたちです・・・

ときめき
●「To Heart 2」で、上がアオシマの86トレノ、下がフジミのRX-8です。

フィーナB4
●「夜明け前より琥珀色な」より、フィーナ・レガシィ・ワゴンです。

あと、ここには写っていませんが、アオシマの痛車で、
「涼宮ハルヒの憂鬱」・FD・RX-7があります。

なんでこんなに買っているのかと言われそうですが、デカールがメイン、
ベースキットがサブ、的な感じです。

アオシマ、フジミとも、デカールは非売品になっており、アフターサービスでは
取り寄せが不可能になっていますね。
恐らく、デカールのみを取り寄せてしまう事が予想されているからでしょう。

で、今、ハートがキャッチされてるのが、
フジミの「きゃら deCAR~る」の「To Heart 2」のRX-8です。

たまき1

tokimeki2.jpg

パッケージ・イラストもさることながら、デカールがアオシマと違って2パターンあり、
どちらかが余るのでこれを他の車へ流用できるのが嬉しいです。

で、今頭の中で妄想計画しているのが、VIPカーの痛車です。

走り屋仕様の車がベースの痛車が多い中、VIPカー・ベースの痛車があっても、
いいんじゃね?ってことで、VIP系をベースにしようと思いました。

で、どれをベースにしようかと思っていたところ、私がお気に入りの1台、
下の画像の、アオシマの「VIPカー」シリーズの、
「182クラウン・モードパルファム仕様」をベースにすることにしました。

182.jpg

ド迫力のこのゼロクラ事、182クラウンの痛車をどう仕上げるか、考え中です。


話は変わりますが、フジミの「きゃらdeCAR~るシリーズ」の3作目の、このキットも、既に近所の量販店に予約してあります・・

こちらもベースのFD・RX-7は、別モノに仕上げる予定で、デカールを転用することに
なるかと思います(笑)

さて、某Yサイトにあるこの通販ショップはキャラものを専門に扱うのか、
実に新作予定が早く載り、きゃらシリーズの4作目も掲載されています。

そして、アオシマの「痛車」シリーズも6月、7月に予定されている
新作の情報が掲載されています。

一度覗いてみてください・・。




スポンサーサイト
皆さん、こんばんは!

御来訪下さっている皆さん、ありがとうございます!

私の方からご訪問させて頂き、足跡だけを残していて申し訳ございません(>_<)

当方深夜勤務なので休みの日にしかブログを出来ないので
また時間があるときにご訪問、コメをさせていただきたいと思いますm(__)m

今回は、今作ろうか悩んでいる模型を紹介したいとおもいます。
キットは、1984年ころに見掛けたもので、

バンダイが製造していた1:20スケールの自動車で、
「1:20・カー・コレクション」シリーズの

「日産スカイライン・2000GTX-E・S(ケンメリ・後期型)」です。

バンダイ・ケンメリ後期m11
バンダイ・ケンメリ後期m23
●パッケージとキットの中身です

今は「ガンプラ」でおなじみの「バンダイ」ですが、
ちょうど私がプラモに目覚めた約32年~35年前ころは
各メーカーとも自動車の模型には力を入れていたためか、
バンダイも自動車、特に1:20スケール、1:16スケールという
ビッグ・スケールの自動車を多く出していました。

中でも「1:20・ワールドスケールカー」シリーズで
多くの国産車、外国車を展開していました。

また、詳しい話は後日させて頂くことにして、このシリーズは1980年代に入ると、

「1:20・カー・コレション」と名称変更してこれまでのシリーズに加えて
新たな自動車もラインナップに加わって行きました。

このケンメリのキットも以前ワールドカー・シリーズで展開されていた1台です。

バンダイ・C110ケンメリ後期51
●完成見本作品です。

実はこのケンメリ・スカイラインの後期型は、唯一バンダイのみがキット化したモデルです。
前期型のケンメリ・スカイラインは多くのメーカーが、スケールも豊富にそろえていましたが、
当初は前期仕様を展開していたバンダイも、実車のマイナーチェンジに合わせて
ライト周り、ホイール関連の型を改修して、後期型をリリースしていました。

バンダイの模型は、なかなかいい線を行っているんですが、
他の車にも共通して言えることで、ボディ・スタイルや、ライト周りなど、
仕上げが雑な部分があったことが大変残念でした。
当時の技術では仕方ないのでしょうが・・

最も、82~85年ころに新たに設計されて作られたモデルは大変良い出来なんですよ(^_^)v

このケンメリも例にもれず、ボディを見て頂くと解る通り、

バンダイ・ケンメリ後期ボディ2
バンダイ・ケンメリ後期ボディ3

前回書いた、ニチモの同じ1:20スケールの、ケンメリと比べてもその差は一目瞭然です。

しかも何とかして欲しいと思ったのがテールライトの処理で、

バンダイ・ケンメリ後期比較32jpg

上記の完成見本のような、デフォルメ・デザインになっています。

このキットは、モーターライズ仕様で、FA-130モーターと、単3電池1本で走行します。

エンジンは、上げ底仕様のバスタブタイプです。

このケンメリは、前作のシリーズの時はディスプレイ仕様で、
L20型エンジンも単体で再現され、足回りにはダイギャスト製のパーツを使用し、
実感たっぷりなモデルだったのですが、
同時にリリースされていたケンメリのレーシング仕様がモーターライズで、
エンジンは上げ底バスタブタイプ、足回りも簡素化されていた関係で、
この仕様を引き継いだようです。

でも、唯一のケンメリ後期型のキットなので、文句は言えないなぁ、って感じです。

昔一度、作ったことがありますが、まぁ、色も塗らず、かなりいい加減に作ったので
今回は真面目に塗装して作ろうかと思いますけど、
ホイールと、フロント、リア・グリルがメッキ部品のため、黒色部分の塗装が
少し面倒になりそうです(*_*)。

それに絶版で、失敗が出来ないので、まぁ、良く言えば真剣に、
悪く言えば、後がないという意味で、このケンメリと向かい合う事になるでしょう。
リンク追加させて頂きました(^^)
皆さん、こんにちは!

このたび、ブログを始めて初めてのリンクを
追加させて頂きました

同じfc2ブログの方で、
管理人:HITEQ JASMINE様が書かれています、

カーモデル製作記:
「HITEQ JASMINEの、偏った日常。」

というブログです。

私とよく似たお考えをお持ちの方で、
私の様なド素人モデラーではなく、
大変素晴らしい作品を手掛けておられるモデラー様です

キットの製作記事、改造記事は大変興味が持てます。

私のこのブログにお立ち寄りの際、
リンクからぜひご訪問ください!

PS:HITEQ JASMINE様、リンクを快諾して頂き、
   ありがとうございました!
   今後ともよろしくお願いいたします!m(__)m
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。