プラモデル(自動車・単車)大好き!
クルマとオートバイバカによる、プラモデルのお話♪ 作品等、ネタ集めです。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!

先日、いつも模型を観に行く近所の量販店に、
予約していた品物を引き取りに行ってきました。

その品物は・・・

TVLルーチェ・セダン1TVLルーチェ・セダン2
TVLルーチェ・セダン4

「トミカ・リミテッド・ヴィンテージ・NEO」シリーズの、

ルーチェ・レガート・セダン・スーパーカスタムと、
ルーチェ・レガート・教習車仕様です。

左が教習車仕様、右がセダン・スーパーカスタムです。

ミニカーながら、ミニカーとは思えない素晴らしい仕上がりになっています。

画像が小さくて申し訳ないですが、マフラーも、ちゃんとレシプロ仕様です。


kasutamusp.jpg

これは実車のセダンですが、このトミカ・リミテッド・ヴィンテージNEOの
レガート・セダンは、ウィンカーレンズの形状から、HPでも説明されている通り、
78年にグレード整理された時のモデルを再現しています。

レガートがデビューした時、セダン、HTの最上級グレード、リミテッドには、
国内初の、コーナリング・ランプがボディサイドに、ウィンカーレンズユニットと
装備されていました。

しかし、リミテッド以外のグレードは、ウィンカーレンズのみしかなく、
78年にレガート名前が抜けて、3代目ルーチェになったとき、
前にも書きましたが、グレード、エンジン整理が行われ、

下記の表のように、

グレード

セダンはスーパーカスタムが最上級グレードになりましたが、
これまで、HT、セダンのLTDにのみ、装備されていた、
コーナリングランプ一体式ウィンカーユニットの関係で、
ボディはセダン、HT共、LTD用にウィンカーレンズユニット用の穴が別に加工されていたようです。

その工程の効率化の都合で、78年仕様からは、
全車このコーナリングランプ内蔵一体型ウィンカー・ユニット・ケースを装着していたようで、
LTDと、HTのSEスーパーカスタムが標準装備、それ以外はコーナリングランプの
設定がない都合で、コーナリングランプ部分は、メクラになっています。

もしかしたら、OP扱いで装着出来たのかもしれませんが、カタログには表記がありません。

レガート・LTDカスタム
●左が、LTD、右がカスタムのHT車の実車です。

ウィンカーユニットを見て頂くと、お解り頂けると思いますが、
このトミカのレガートのウィンカーユニットを観ると、
コーナリングランプ・ユニットが装着されているので、
78年仕様と推測できるわけです。

余談はおいておいて、注目はやはり、丸目2灯の、教習車仕様です。

TVLルーチェ・セダン教習車1

モデルは、実在する、埼玉県の「ところざわ・自動車学校」所有のルーチェだそうで、
現在でもイベントなどで、お披露目される事があるそうです。

ライト部分も小さいながら、見事に再現され、内装色も、
スーパーカスタムとは違って、教習車らしく、ビニール地の黒を再現しています、

この丸目仕様は、実際は教習車、タクシーなどの特装車、海外輸出仕様ですので、
観る事が出来るのは、限られた地域のみだったそうです。

私もこの仕様を見た時は、当時のっていた、自宅のルーチェと、あまりの違和感に
驚いたのを覚えています。

丁度、アーティストの、椎名林檎さんが、御自身のPVで登場させた、
これまた御自身の愛車を真っ二つにした、ベンツの縦丸目2灯式の雰囲気に似ていました。

TVLルーチェ3ブログ

以前購入した、同じシリーズの、ルーチェ・レガートの、ハードトップ・LTDと並べてみました。

いつか、順序が逆になりましたが、このハードトップ仕様でも紹介したいと思います。
スポンサーサイト
今年の6月に、トミーテックから、

「トミカ・リミテッド・ヴィンテージ」シリーズで

「ルーチェ・レガート・教習車」が発売されます。

同じく、セダンのスーパー・カスタムも同時リリースされるようですが、
この教習車仕様、量産モデルとフロントマスクが違います。
教習車はヘッドライトが丸目の1灯式になっています。

ルーチェ・特装車
レガート・LTD

上の画像は、輸出仕様のルーチェ・レガートで下が、国内仕様のルーチェ・レガートですが、
輸出仕様は、国内の教習車と同じ、ヘッドライトの形状が、丸目1灯式なのが大きな特徴で、
ハードトップでも、ボディのサイドモールがなく、鉄チンホイールです。

昔あった、縦長1灯式の、メルセデス・ベンツのライトに似てなくもないです。

で、この丸目1灯式のルーチェ・レガートは、国内では市販されていなかったクルマで、
タクシーや、教習車等の、特装車として存在していたのみです。

当然ボディは、セダンのみで、サイドモールも無しという、
このブログで以前紹介した、カスタム・スペシャルに該当しそうな
車種です。

kasutamusp.jpg
●ルーチェ・レガート・カスタム・スペシャルです。

私も昔、一度だけ、旅行先でこの丸目1灯式のレガートの教習車を観た事があります。

親が当時同じレガートに乗っていたんですが、同じレガートとは思えない独特の雰囲気で、
子供ながらに、強烈に記憶に残った車でした。

近所の量販店で、この教習車、セダンの2車種を1個ずつ、予約してきました。

なお、輸出仕様のルーチェですが、ベンツ・マスクの後期型では、
国内、海外仕様とも共通のフロントマスクになっています。
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。