プラモデル(自動車・単車)大好き!
クルマとオートバイバカによる、プラモデルのお話♪ 作品等、ネタ集めです。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、御無沙汰しておりました。


ぐうたら管理人のコロです。


今回は、最近話題の、遂に地元署にも配属された、
トヨタのGRS200系クラウン・ロイヤルのパトカーの事を書いてみようと思います。

200系クラウンパトカーについて、ウィキペさんにリンクしてありますが、
詳細項目がなく、リンク先の「パトカー専用車両の詳細」の項目の下の方に
掲載されているので良かったらご覧ください。

先日、買い物先の近くにある交番でお休み中だったのを発見、写メをパチリしてきました。







先代同様、ベース車が市販車と同じになったおかげで、ゴージャス感がいっぱいです(^^)

しかも、ドアミラーにウィンカ―ランプも装備されています。

ウィキペさんによると、ベースグレードは、後期型・ロイヤルシリーズで、
廉価グレード「ロイヤルサルーン・スペシャルパッケージ」だそうです。

エンジンは警邏仕様で2500、交通仕様が3000で、
先代のゼロクラPCと同一エンジンを搭載していますが、

大きな特徴は、200系クラウンからアルミホイールが「標準装備になったこと、
白黒パンダ・パトは、ボディのトヨタのマーク以外、トランクリッドのクラウン・エンブレム、
グレードエンブレム、ボディサイドのCピラーにあったクラウンの王冠マークが
全て省略されていることだそうです。

これは、この200系クラウンが、「トヨタ・パトロールカー」と、正式な名称になった事を
意味するとの事です。

アルミホイールは警邏仕様が「16インチ、交通系が17インチで、
警邏仕様はゼロクラのものと同じ様です。

ミッションは先代とは違って、全車マニュアルモードミッション付き6足ATを装備しています
(先代は、警邏仕様が5速AT、交通仕様がマニュアルモード付6速AT)。

屋根の大型パトライトは、最近のインサイトなどに装着される新型の物が装着され、
点滅部がフラッシュになっています。

で、模型好きの私としては、これは当然、200系クラウンパトカーを作ろうと思い、
早速キットをごそごそ。

クラウンと言えば、アオシマが現行200系クラウンのキットを、
ロイヤル仕様、アスリート仕様を販売していまして、
手元に200系クラウンをベースにしたSP警護車仕様の模型があったので、これと、
先代のゼロクラPCのパトカーパーツ、さらに、以前、
購入していた、ゼロクラ・後期型ロイヤルサルーンのノーマル車のアルミホイールを流用したら
簡単に200系クラウンPCが出来上がる寸法です。



●200系クラウン・ロイヤル警護SP車

をベースに・・・


●180・ゼロクラPCのパトライト、昇降機格納パーツを流用、

さらに、ノーマルの、ゼロクラのアルミホイールの流用で、
簡単に200系クラウンPCの模型が出来上がり!!

・・・のはずでしたが、ここで、パトカーマニアならずとも、
クラウンフリークにも簡単にわかる初歩的な勘違いをしていました。

200系クラウンのパトカーは、後期型を使用ししています。

しかし、ベースに使う手持ちの200系クラウン・ロイヤルの警護車ですが、
パッケージをよく見ると・・・

フロントバンパーの形状が違う・・・

つまり、この警護車のキットは前期型なわけでして、
後期型ロイヤルとはフロントバンパーの形状、ラヂエーター・グリルカバーの形状も
前期、後期では微妙に違います。

当然、テールライトも違うわけで、
ゼロクラ同様、テールライトのウィンカ―位置が前期・後期では異なり、
後期型ではランプ最上段に移動しています。

つまり、手持ちのキットではパトカー再現は不可能と言うことです・・orz

え?だったら、200クラウンの後期型ロイヤルのノーマル仕様のキットを買えばいいって?

実は、その後期型のキット、ないんです(>_<)

正確に言えば一時出ていましたが、生産中止中で、アオシマのカタログからもなくなっています。


アオシマの不思議な製造方法でして、先代のゼロクラの時も同じことがありました。

ロイヤル、アスリートとも、実車登場に合わせて前期、後期仕様がそれぞれ出ましたが、
気が付くと、アスリートは後期型、ロイヤルが前期型が、しばらくして製造休止になって
そのまま絶版になり、アスリートが前期型、ロイヤルが後期型のキットがカタログモデルとして
最近まで製造されていました。

で、この200系クラウンも前期、後期のロイヤル、アスリートのキットがそれぞれ、
実車に合わせて製造されたものの、今度は逆に、後期ロイヤル、前期アスリートが
しばらくしてカタログ落ちしてしまい、今製造されているのは
前期ロイヤル、後期アスリートのキットのみになっています。

まぁ、アオシマのアフターパーツ係に、後期型のンパーツのみを請求したらいいんですが、
ただ、今回は、再生産される可能性も残っていると読んでいます。

アオシマはパトカーシリーズを積極的に展開しており、
この夏には、ゼロクラのパンダPCの、鉄チンホイール仕様がリリースされ、
オプションで、各都道府県警察のロゴも、販売されます。

というこは、いつか、この200系クラウン・パトカーも模型化される可能性があります。

ただ、後期型のパーツの金型が残っていれば、ですが・・

まぁ、出先の模型屋さんで200系クラウンのロイヤルの後期型のノーマル車のキットを
見つけたら、1個は買っておきます・・
スポンサーサイト
今日は、7月7日、七夕さんの日です。

年に一度、はなればなれになった、織媛と、彦星が天の川で再会して
愛を確かめ合うという、ロマンチックな日ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

実は、つい最近まで、何故二人が離ればなれにされたかと言うと、
元々働き者だった二人が出会って、恋人同士になった途端、二人が、仕事もせずに、
イチャイチャしていたのを、神様が怒って二人を引き離したのがきっかけで、
あまりにも可哀想だから、年に一度は会う事を許そう、と言うのが始まりと思っていたのですが、

実は全然違って、二人は夫婦なんですが、元々働き者だった二人が結婚して
毎日イチャイチャして、仕事もしなくなったのを、
織姫のお父さんが怒って、二人を離ればなれにして、
仕事に専念させたのが、七夕伝説だったということらしいですね。

やはり、会えないのはあまりにも酷だから、と言う事で、
年に一度、7月7日に再会する事を許したそうです。

で、この7月7日という、「7」の並ぶ日は・・・・

マツダの名車、「RX-7」の日と言うことで、
全国のRX-7乗りの人たちが、イベントなどをしているかもしれません。

まぁ、勝手に私がRX-7の日、と決めてるんですが(笑)、

せっかくなので、手元にある、タンスの肥やし的な、RX-7のキットを出してみました。

RX-7模型一覧アオシマ・痛車・フェイトFD・RX-7箱絵

もう、画像を見て御存知の方も多いでしょうけど、
痛車でも、スケールモデルでも、ダントツの車種を誇るクルマの1台でしょうね。


初めてRX-7がデビューしたのが、私が小学3年生の頃、

1978年4月の事だったと思います。

形式名:SA22C型・RX-7。

当時国産車では初めての、リトラクタブル・ヘッドライトを装着したスポーツカーでした。

ここから、マツダのRX-7の歴史が24年にわたって続くわけです。

エンジンはRE12A型。

82年に、ローターのポートをそれまで、1ローターあたり2個だったのを
3個に増やしてパワーアップした、12A・6ポート・インダクション仕様に改良、
更に、翌83年には、ターボを装着した、RE12A・ロータリーターボが登場しました。

最高出力165馬力だった、このエンジン、実はREターボが初めて搭載されたのは
意外な所、82年の話で、当時のコスモ、ルーチェが初めてでした。

このときの最高出力は160馬力、RX-7に搭載されたのはその後の話でして、
改良版が搭載されていたらしいです。

余談ですが、この当時のREターボは、5速ミッションのみ、
ルーチェ、コスモのREターボは、セダン、HTとも、
LTDと、オーディオレスのGTのみのグレード設定でした。

85年に2代目のRX-7、FCがデビューし、
エンジンはRE13B+ツインターボになり、ミッションも4速オートマが設定されるようになりました。

その後、1991年にFDとモデルチェンジを受けて、3世代のRX-7が
2002年に姿を消すまで、多くのRX-7が世に送り出されています。

基本的に、リトラクタブル・ヘッドライト、キャノピー風・ガラス・ハッチは継承されていました。

マツダのロータリー車として、唯一生き残ったFDですが、
RX-7の中では、女性に人気のあるモデルの気がします。

私の高校時代の同級生の女の子も、FDがお気に入りでした。

FC、FDは、アニメ・「イニシャルD」で、高橋 涼介、啓介の高橋兄弟が操るマシンとしても
お馴染のクルマですね。

私の中では、スカイラインのライバルとしての、存在が大きいですが、
大好きなマシンでもありました。

走り屋のマシンとしての存在が大きいですが、
意外な所、パトカーとしても存在していたのは有名です。

初期型のSA22C・RX-7は、当時、島根県警察等、一部の高速隊で
配属されていたようですし、

FC3S・RX-7は、警視庁・高速隊に、後期型のGT-Rベースと思われる
パトカーが数台、配属されていました。

FD3S・RX-7は、それまでの各地域の予算ではなく、

国の予算で投入されたパトカーで、少ないながらも、広島、千葉、茨城、
京都等、各警察の高速隊に配属されていました。

98年にマイチェンを受ける前のRX-7が、投入されていたようです。

フロント・バンパー形状がデビュー時の物で、テールライトが3連丸テールでした。


RX-7と言えば、GTRと並んですぐに誰もが思い出すクルマなのは、
それだけ、存在感が大きいんでしょうね。

皆さん、こんばんは!


さて、今日は、模型ネタではなく、この方の記事を読ませていただいて、
思い出したことがありましたので、書いてみたいと思います。

それは、1977年にデビューした、マツダのパーソナル・カー、「ルーチェ」の3代目、
「マツダ・ルーチェ・レガート」
です。

ミニカー
これは、9月に発売された、タカラ・トミーの、
「トミカ・ヴィンテージ・リミテッド・NEO」シリーズの、ルーチェ・レガートです。



レガート・リアビューHT
レガート・リアビュー
●上がハードトップ、下がセダンのリアビューです。

フロントマスクは、国産車で唯一の角目・縦型4灯式ヘッドライトがおごられ、
アメリカの「ダッジ・モナコ」によく似ています。

新しく設定された、4ドア・ピラード・ハードトップは、当時のクラウンの、ピラードハードトップと
うり二つのデザインをしていました。

このダッジと、クラウンのデザインをパクった?!とも思えるデザインは、
当時かなりインパクトがあったと思います。

この車はボディが4ドアのセダンと、ピラードHT、そしてバンの3タイプで
先代まで存在した2ドア、5ドアワゴンは廃止されました。

エンジンはロータリーエンジンが、12A、13B型の2種、
2000、1800の直4・OHCのNAエンジンの4種類が用意され、
グレードも最上級のリミテッド(LTD)、スーパー・カスタム、
カスタム、カスタムSPが用意されていたようです。

実はこのレガート、マツダが標章登録し忘れたために、
使用できなくなるという珍事が発生し、翌年の78年に「レガート」の名前が廃止されました。

同時に車種、グレード整理も行われ、初期に比べるとかなり種類も減りました。

グレード、エンジン設定は下記の表を参考にしてください

グレード

レガート・LTD
上の画像のクルマが「LTDで、ロータリー車のHTのみで、セダンのLTDは廃止されています。
バンパーにオーバーライダーを標準装備するのはこのグレードのみです。
また、ステレオは6スピーカーで、5W×2のコントロール・アンプも内蔵しています。

SEスーパーカスタム
新設された「SEスーパーカスタム」は、当時国産車初のコーナリングランプ、や、
フロントフェンダー両端に装着された、ヘッドライト・モニター
(ライトをつけると、車内から青い光が確認できます)、シートなど、LTDと共通の物を
標準装備しているほどの、上級グレードなのに、ロータリーの設定はなく
エンジンは2000ccの直4車、しかも、ハードトップのみ。

スーパーカスタム
「スーパーカスタム」は、カセットデッキ、リモコン・フェンダーミラー、
高級車の証ともいえる?フロントガラスの、「トップサンシェード」等、必要十分な装備のグレード。

カスタム
「カスタム」になると、一気に品祖化し、タコメーターは装備していますが、
カセットデッキ、リモコンミラーはなく、タイヤもラジアルではなくなります。
また、フロントガラス上部の、ブルーの色が入った「トップ・サンシェード」もありません。

kasutamusp.jpg
極めつけは、前にもふれた、超質素な、「カスタム・スペシャル」です。
タコメーターは無し、ないないづくしの自動車です。
ボディ横の、サイドモールもありません。

でも、グレード表を見て頂くと解りますが、セダンはともかく、ハードトップにも設定があり、
しかも、ハードトップ車には、カスタムには設定がない、
13Bロータリーエンジン車が設定されています\(◎o◎)/!
しかも、タコメーターが装備されています(笑)
超品祖なグレードに、ロータリーエンジン車・・・なかなかシュールです(笑)

パワーステアリングは、カスタム・スペシャルを除くロータリー車のみに標準装備。


で、このクルマは、私が8歳の頃、丁度31年前の7月か、8月だったと、思いますが、
自家用車として購入したものでして、正確なグレードまで言うと、

「4ドア・ハード・トップ・スーパーカスタム・13B型ロータリー」です。

ボディ色はホワイト、ミッションは3速オートマチックでした。

高級車というか、大きな車でした。

特に私が好きだったのが、このロータリーエンジン車の
大きな「角型オーバル風」マフラーで、残念ながら写真が残っていなくて、
当時同じロータリーを搭載していた、初代カペラの物を掲載しています。

ロータリー・マフラー

これでは解りませんが、実はマフラーの左下に、小さく丸い補助的なマフラーも出ていて、
一応、デュアルマフラーになっていました。

「You Tube」で、このレガートのマフラー廻り等を撮影した動画を見つけたので、
ご覧ください。



画像のルーチェは、テールライトが、後期型のテールライトに改造されています。

この車、サスペンションがフニャフニャ?と、いうか、路面ショックを吸収しやすくしているのか、
とにかく今のクルマからは想像できないほど柔らかく、
発進時はリアがかなり沈み込んでいた記憶があります。

とはいうものの、グロスで140馬力をたたきだすRE13B・ロータリーエンジンはダテではなく、
同じ2000ccクラスの日産のスカGや、トヨタのツインカム車、には余裕でついて行きましたし、
当時オフクロが高速道路で、スカGをカモったこともあったそうです。

大人5人を乗せて高速道路を走った時も加速はもとより、音が静かで、
時速140キロで走っても平気だったという話をよく当時聞きました。

私も子供ながらに音が静かで、滑らかに加速する感覚は覚えていました。

実際、このルーチェを手放して約半年後に中古で買った
「日産・430グロリア・2800ブロアム(HT後期型)」で、オフクロの運転で
親父が単身赴任するための準備で、赴任先の東京へ中央道を飛ばしたとき、
音がうるさくて加速がルーチェよりも鈍い、って言っていました。

決して、グロリアのL28Eエンジンが悪いわけではないんですが、
私も同感で、何かが、ルーチェと違う、と思いました。

1978年の夏に購入して、85年の冬まで、約7年間我が家の足として頑張ってくれました。

この後、79年ごろか、80年ごろに兄弟車のコスモとともに、マイナーチェンジを受け、
フロントマスクは角目2灯式のオーソドックスなものに変更され、
テールライト回りも一新、前期型のイメージとは完全に180°転換し、
フロントグリルはベンツに似ていたことから
「広島ベンツ」というあだ名もつきました。

ルーチェ後期型1
ルーチェ後期型2
ルーチェ後期型3

グレードもカスタムなどの名称が廃止され、リミテッド以外は「SG-X」や、「SE-GT」などのように
アルファベットでグレード表記されるようになします。

ロータリーエンジン車のマフラーは、当時のSA22型RX-7と同じく丸型2本出しの
デュアルタイプに変更されます。

2000のNA車はこれまでのキャブレター仕様から燃料が電子制御システムの
EGIが新設定され、更にセダンには2200ccのディーゼルエンジンも加わりました。

かつてはファミリア等の小型車から、ルーチェやコスモといった、
大型車までロータリーエンジン車を送り出していたマツダも、
今やロータリー車は、RX-8ただ一台になってしまいました。

もしも可能なら、絶対に運転してみたい車に、このルーチェは挙がります。
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。